私もおすすめします

粟谷正光先生 銅メダルおめでとうございます

町長フランスの伝統的な国際公募展「ル・サロン」の絵画部門に、達磨大師を描いた作品が見事〝銅メダル〟に輝かれました。
身体の不自由な中、車いす生活で現在住職としてもご活躍されておられます。
日本の禅の精神から描き出されたこの作品は、ユーモラスで表現力が豊かで画家の力量と熟練度が高く評価されたものです。
粟谷先生は、「車いす生活が始まったことで人の弱いところがよくわかり、健全な身体の時にはわからなかった、多くのことに対する感謝の心を、絵画を通じて 表現出来るようになってきた。地域の皆さんに恩返しをしてゆきたい」と大きな心を持って歩まれております。昔描いた達磨大師とは全く違った、奥の深い、自 分の気持ちをそのまま表現できる作品を次から次へと描かれております。
2012年9月には画業50周年を記念とした個展をパレア若狭で開かれ、ここでの収益金はすべて社会福祉に役立ててほしいと町へ寄付していただきました。
今後も個展を通じ、絵画の売り上げがあれば福祉団体へ車いすなど身体の不自由な皆さんに喜んでいただけることをやっていきたいと、社会貢献したい旨を語られております。
これからも健康に留意していただき、益々ご活躍されますことをお祈り申し上げます。

若狭町長 森下 裕